パラサイトな私。母の死が心配

不安 精神科 薬 病気

 

親が70歳近くなり、マザコンなのでお母さんが死んでしまったらどうしようと毎晩ベッドの中で不安になり眠れません。
一人っ子で中流家庭に育ち甘やかされて30代半ばまで生きてきました。

 

彼氏がいたこともありますが今はアイドルとアニメにハマってしまい、リアルな恋愛は全く心もカラダも求めていません。

 

周りの同年代の友達は結婚し出産ラッシュも終わりました。
ですが自分はまだお母さんの子どもでいたいしワガママを聞いてほしいし、自分の子どもが欲しいとは到底思いません。

 

ギリギリあるとすればこれは非現実的な話にはなりますが好きなアイドルの遺伝子を貰って妊娠し、ひとりで出産して育てたいくらいです。
ひとりで子どもを育てる資金もありませんし、親に頼る他ないですが。

 

つまりどちらにせよ親がいないと何もできません。
料理も掃除もできません。
引け目を感じることもありますが、親は諦めているのか私に特別な才能があると信じているのかこの状態を咎めることはありません。

 

という状況下でお母さんが死んでしまうのではないか、ということが一番の不安材料です。
それは自分が何も出来ないからではなく、お母さんがいなくなったら私を受け止めてくれる人が誰もいなくなるからです。

精神を落ち着かせるためにできること

過呼吸などの身体的問題が出たら精神科に行きます。

不安 精神科 薬 病気

以前も不安症で精神科に行き薬をもらったことがあります。

 

精神科の先生は私を否定せずに話を聞いてくれるからです。
それ以外は気分を紛らわすことくらいです。

 

先々のお母さんとの旅行の計画を立てたり、お母さんと何かする先々の目標を立てることで少し心が安定します。
また夜中のお母さんが起きていない時間はできるだけ起きているようにして、お母さんが起きてから生存を確認すると寝れるのでそうします。

 

昼夜逆転しますがフリーランスのお小遣い稼ぎで今は家にこもっているのでその生活をすることは可能です。
また寝るときは眠気が起きる風邪薬や鼻炎薬を飲みます。
そうしないと眠れないので何年も続けていますがこれからも薬に頼ると思います。

 

睡眠薬を検討中ですが毎日飲むとお母さんが止めると思うのでできないでいます。
ですがそちらのほうが体に負担が少ないような気がしていて考えています。

 

どれもこれもその場しのぎの方法なのは理解していますし、この生活全てが悪いことも分かっています。
ですがそれを変えることを考えるだけで怖くて出来ません。

 

外に出てお母さんと過ごす時間を減らしているうちにお母さんが死んでしまうより、お母さんと少しでも長く話したい触れあいたいからです。
今の自分に出来る解決策というか解決策とまでは行きませんが精神を落ち着かせる方法はたまに趣味で外出することくらいです。

関連する記事はこちらです

更新履歴